太陽光発電の事業化

今こそ、太陽光発電の事業化をおすすめします。
平成24年7月1日に施行された「太陽光など再生可能エネルギーの電気の全量買取制度」を追い風として。

発電量1Kwhあたり42円で買い取ります。

平成25年3月までに運転開始したシステム容量10kW以上の発電設備が発電する全量を 「20年間」にわたって、1kWあたり42円で買い取ることが保証されています。

設備費用が全額一括で償却できます。

前払いのメンテナンス費用を含めて、設備費用を全額経費として一括償却できます。

このページのトップへ
太陽光発電事業には、様々なメリットがあります。

メリット1

20年間でこれだけの利益が見込まれます。

■これだけの利益を生み出すことができます(金額は20年間の経年劣化を踏まえた平均値です)。
■2013年3月までの導入で買取価格は20年間固定。
■定期的なメンテナンスさえ行えば、上記の様な利益が見込めます。

メリット2

遊休土地を今まで以上に有効に活用できます。

メリット3

相続税対策や減税対策の効果が期待できます。

◆ 個人の場合 ◆
購入資金を借り入れることで、相続税対策としての効果が期待できます。また、個人事業主であれば、即時償却ができるので、資産の減少が図れます。
◆ 法人の場合 ◆
設備を導入した費用を即時償却できます。また、グリーン投資税制による税額控除等も受けられます。
※詳細については、税務署、税理士等にお尋ねください。