安全性の確保

安全性を高めることで、
事業としての継続性をお約束します。

徹底した安全性の確保

信頼性の高い設置工事

野立ちパワーの設置工事は、屋外広告塔の設置で40年間無事故を誇る会社が設置工事を手がけます。20年間発電を続けるモジュールをしっかりと支えます。

防草対策

コンクリートを150mm打設することで防草対策と基礎の引抜強度を高めました。

風速40メートルに対応

野立ちパワーでは、基礎の部分に摩擦杭を採用しています。杭の引き抜き強度は通常700kg程度ですが、当社の場合は、2.0tまで高めています。

傾斜角度は25度を採用

信頼性の高い設置工事により、風雨による影響を跳ね返すとともに、最大限に発電効率を維持できるよう、ソーラーユニットの傾斜角度は、25度を維持しています。

モジュールの飛散防止への工夫
 〈実用新案申請中〉

モジュールは、予備押さえを採用することで、飛散防止仕様としています。

錆に強い溶融亜鉛メッキ仕様〈業界初〉

ソーラーユニットのフレームの鉄骨をはじめすべての金物は、錆への強さに定評がある溶融亜鉛メッキを採用していますので、長年にわたって錆の心配がありません。